「デリヘル」の記事一覧

【AV新作情報】24時間ナースコールで口内射精:楓カレン/アイデアポケット 11月13日発売

 当院では患者様が治療に専念できるよう性処理専門の専属のナースを1人1人につけております。ナースは携帯式のナースコールでいつでも呼び出すことができ、食事中、診察中、手術中等…いつでもどこでも即尺、快適な口内射精をしていただけます。患者様の男性器が洗っていなくても臭くても問題ございませんのでご安心ください。それでは快適な入院生活をお送りください。ユーザー様の声を受け遂にシリーズ化!

「人妻」×「調教」の無料エロ動画! 美しい人妻が性奴隷と化すAV再生回数ランキング・トップ10

 AVの神髄はサンプルにあり――。とは誰が言ったか知らないが、AV作品にとってサンプル映像はかなり重要。いかにしてユーザーの心を掴むか、心血を注いで作られたサンプル映像は時としてとんでもない破壊力を生む。ということで、今回は「人妻」と「調教」でヒットした作品のサンプル映像をランキング形式で紹介したい。人妻を調教ってゾクゾクしませんか?

【AV新作情報】妻の妹は何度もハメたがる性欲モンスター/S1 10月19日発売

 久々に再会した妻の妹は清楚な顔して絶倫少女に成長していました。しかも家の中に潜み妻にバレるかスレスレで何回もボクのチ●ポでハメ狂う性欲モンスター。リビング、こたつ、クローゼット、風呂場、夫婦の寝室、家中の至るところに忍び、神出鬼没で現れる義妹はただひたすら既婚者キンタマ汁をアノ手コノ手を使いむしり取ってこようと襲撃してきます…ボクは妻に対する罪悪感でいっぱいなはずなのに男潮まで吹いて…

風俗勤めが弟にバレてしまった女子大生! ~ブッ飛び素人モデルFile~

 つい最近、昔に取材でずいぶんとお世話になった風俗店の店長さんから、何年かぶりに電話がありました。

【AV新作情報】高級ランジェリー販売員の美しいHカップおっぱい/OPPAI 7月19日発売

 「素敵な奥様にこのようなランジェリーはいかがですか?」妻の留守を狙って飛び込みで高級下着を売りつける販売員・中野七緒!美しいHカップを見せつける過激サービス営業に愛妻家も妻を忘れてフル勃起で即購入!サイジングぴったりの高級ランジェリーに包まれたスレンダー巨乳は卑猥度10倍増!大人の色気漂う誘惑と深く絶頂する仕上がった感度を楽しめる着衣プレイ&ずらしハメ6コーナー中出し3本番!

『クンニ塾』美女講師が教えるホントに気持ちい愛撫とは…【No.1風俗嬢インタビュー】

 風俗やデリヘルというよりも、本物の「クンニ塾」、いや「クンニ虎の穴」と言って差し支えない店の巨乳講師・澤村先生。今回は真面目な質問の中にも、さりげなく恥ずかしい言葉を言わせようとしてみた。

舐め犬さんを飼っていたGカップ風俗嬢! 舐められ好きの『クンニ塾』講師は清楚なパイパン美女!!

フーゾクには女の子の数だけNo.1がある。そんな女のコたちの、普段は見れない素顔やモチベーションを探る《フーゾクNo.1ガール》     巨乳女講師ランキングNo.1 【女のコデータ】 名前:澤村先生 28歳 バスト:Gカップ 店キャリア:半年 特徴:パイパン 【お店データ】 場所:日暮里 デリヘル『日暮里駅前クンニ塾』 TEL:080-9196-5515 営業時間:15時~21時 システム:60分1万4000円~ 公式サイトはコチラ   本当にクンニが好きなんですね!  ウィズコロナの新しい生活様式が求められる中での最初のNo.1インタビュー。ソーシャルディスタンスの向こう側で、マスク姿で微笑む澤村先生はクリッとした大きな瞳が印象的な美女だ。そのマスクの下にはどんなエロティックな一面が隠されているのだろうか?   ――本日はよろしくお願いします。澤村先生は自粛期間中っていうのはどういう風にして過ごされてたんですか? 澤村:昼職はエステティシャンなんですけど、その仕事もなくてここもお休みだったので、ずっと家にいてネットフリックス見てました。 ――エステもそっか、ダメだったんですよね。 澤村:不要不急ではないので美容室以外はダメで。周りの店も閉じてるところが多かったです。解除になってから戻ってきました。 ――こちらのお店には入ってどれくらいですか? 澤村:去年の10月に入店したので半年ちょっとです。 ――その前も何か風俗はやってらしたんですか? 澤村:風俗はやってないですけど、お酒を飲むお仕事してました。水商売です(笑)。 ――戸惑いはありませんでしたか? 澤村:いえ、このお店のコンセプトがすごく自分に合っていて、それがすごく楽しく…楽しいっていうか、風俗っていう感覚があまりないというか、単に好きなことしてるっていう…なので、あんまり。 ――ということは、クンニが好き? 澤村:そうですね、はい、好きです(笑)。 ――そうですか、じゃ、その辺は後でじっくり聞いていきましょう(笑)。再開後のお客さんってどんな感じですか。同じようなペースで来ていただけてますか? 澤村:ウフフ、リピーターさんとかは今までと同じ感じなんですけど、新規のお客様はどうしても減ってるかなという気はしますね。 ――そもそもこちらの店はどんな風に遊ぶお店なんですか? 澤村:私のお客様の場合なんですけど、だいたい3パターンくらいいらっしゃって。まず、単純に舐めるのが好きな方。そして、今まで見たこともない方…。 ――童貞クンってことですか? 澤村:そうですそうです。若い方に多いんですけど、「教えて欲しいです」っていう人もいらっしゃいます。で、一番多いのが上手になりたいって方なんですよ。クンニ好きな方って舐め犬さんもいるんですけど、飼い主さんに「上手になってきなさい」みたいに言われて来る方や、あとは彼女さんだったりのために上達したいっていう方が一番多くて。結構コアな業種の中にも、いろいろな種類の男性がいらっしゃるってことですね。 ――そうなんんですねー。 澤村:それで最初に、今日はどういうことで来たのか聞くんですけど、本当にした事ないという方だったら、「はい、やって」ではダメなので、説明の時間を長くとってから実践に入ります。   ――女性の方から男性に何かすることはあるんですか? 澤村:はい、生フェラや素股はないんですけど、女性も全裸になって最後は手で…。 ――お客さんはクンニ以外に女性の体を触ったり、 指入れたりっていうのはできるんですか? 澤村:大丈夫です。首から上はNGなので、キスはダメなんですけど、首から下は舐めたりさわったり大丈夫です。 ――なるほど。それで、メインがクンニの指導、指南というわけですね。 澤村:そうですね。 ――今までいろんな経験されてきたと思うんですけれど、澤村先生はどんなクンニが女性を喜ばせると思いますか? 澤村:私は、相手のことや反応をどれだけ見れるかだと思っています。お客様に一番言うのは、「人によって強さとかが全然違う」ってことなんです。先生たちの採点表にも、「強弱」とかテクニック的な要素とか書いてあるんですけど、それは人によるじゃないですか。撫でるのがくすぐったい人もいれば、すごく気持ちいい人もいる。そこで100人気持ちよくさせなくてもいいんですよって説明します。 ――ということは、顔の表情を見たり体の強張りを感じてそれに応じて…。 澤村:そうですそうです。それができる人がクンニ上手な人なのかなと思います。 ――基本的に女性は、どこを舐められたら一番気持ちいいんですか? 澤村:一番敏感なのはやっぱりクリトリス辺りとか…。あと、私は乳首も好きなので…、人によって様々だと思います。 ――では、女性によって場所とか強さとか舐め方とかを変えなくちゃならないということですね。 澤村:はい。反応を見て、「気持ちいい」って言われたらもっと続ければいいですし。私も気持ち良かったら素直に言うようにしています。そういうのが分かってくれる人は上手な方だと思います。 ――学びに来るお客さんは、どれくらいの割合で上達して帰っていきますか? 澤村:みなさん上手になりますね、はい。お客様の中にはメモしている方もいて、「こないだ先生はこう言ってたので」とか、「今回はこうしてみたんですけどどうですか」みたいに、すごく熱心で顕著に上達してるのが分かります。 ――ほー、では、これだけは絶対にやらないほうがいいみたいな事ってあるんですか? 澤村:あー、カン違いしてること…。AVとかだと、舌の動きとかめっちゃ早いじゃないですか。でもあれは、ファンタジーの世界のクンニなんです。 ゆっくりでも十分気持ちいいんですよ。 ――あ、そうなんですか!? 澤村:舌の動きに関しても、「横でも縦でもいいんですか」とか聞かれますけど、それはレパートリーのひとつなので、どっちが気持ちいいかはもちろん人にもよるので、横も縦もやってみればいいんです。でも、動きは早ければ気持ちいいとは限らないです。横派なんですか? ――ボクですか? どっち派っていうのはないけど、小陰唇に沿って、縦の方が気持いいのかなとは感じることはあります。それに、横よりは縦の方が舌の構造的に楽なのかなと思うんですけど…イジリー岡◯みたいに(笑)。 澤村:(笑)。 ――ただ、あんまりやってると、舌が疲れちゃって(笑)。 澤村:そういう方も多いですよ(笑)。 ――ということは、さっきの続きですけど、先生はクンニされることが好きなんですか? 澤村:ハイ♪ ――「クンニ塾」という変わった名前のお店なんですけど、そもそも何でこのお店を知ったんですか? 澤村:きっかけは、元々、舐め犬さんを飼っていて…。 ――舐め犬!? じゃあ、女王様だったんですか? 澤村:そういうSMとかではなくて、単純に「舐められるのが好きな女」と「舐めるのが好きな男」という関係なんですよ。その舐め犬さんにこちらのお店を教えてもらったんです。 ――あ、なるほど。 澤村:当時、夜はお酒を飲む仕事をしていたんですけど、次の日の昼の仕事で、お酒臭くないかなって心配もあって…。お酒も大好きなので。だから、何か他に自分の好きなことで仕事にならないかなって思ったのがきっかけです。 ――その時は、風俗業界に入るハードルの高さは感じなかったですか。怖さとか。 澤村:そうですね、男性と二人きりということで…。でも、どっちかって言うと、初めてお客様に入る時よりも面接の方が緊張しました。面接に来るまでは、「本当に舐められるだけでお仕事になるのかな」っていう不安があって。好きなことだからこそ、そんなのでいいのかなみたいな感じで。それに、「舐めたくて来るお客様って、本当にいるのかな」というところで不安はありました(笑)。 ――あ、そっち!? そんな変態がいるのかなってことで(笑)? 澤村:そうです(笑)。ちゃんとお仕事として機能するのかなっていう不安? 風俗だからというのはなかったです。  ――お客さんは、 クンニが好きな人、見たことない人、教えてもらいたい人っていうことですけど、普通の(デリヘルの)客さんっていらっしゃるんですか? 澤村:1回だけいらしたことあったんですけど、やっぱり趣旨がちょっと違うので、 そういう意味では物足りない感じでしたね、お互いに。やっぱり、来る方の大半は「舐めたい」人が多いので…。 ――そうなんだ…。   澤村:さっき「フィニッシュは?」って言われましたけど、その時間もいらないからずっと舐めていたいっていう人もいるくらいです。「そろそろ交代しましょうか」って言うと、「まだ何分ありますから」みたいな(笑)。それくらい舐め好きっていう人が多いです。 ――SMでもそうだけど、マニアな店って、特に発射にはこだわらないお客さんが多いですよね。ということは、いつもは得意技や得意なプレイを聞くんですけど、このお店の場合は得意プレイっていうのはなさそうですね。 澤村:他の先生はどうか分からないですけど、お店のホームページが、「はい舐めて、はい採点します」みたいなSっぽいイメージなんですけど、私は最初に採点の項目を一緒に見て、「こういうところを注目してみますね」て感じで、最初に答え合わせじゃないんですけど、優しく説明するようにしてます。 ――なるほど。でも、舐め犬さんとかだったら別に厳しくしても…。 澤村:そういう方もいるんですよ。 「厳しくビシバシしてください」とか、ちょっとMっ気のある方もいらっしゃるので。そこは先生にもいろんな教え方があると思うので…。 ――その中でも澤村先生は優しいってことですね、美人だし。 澤村:他の先生も同じですよ(笑)。 ――澤村さんは、舐め犬さんを飼ってらしたってことは、セックスとかエッチなことに関してはかなりポジティブなんですか? 澤村:そうですね、ハイ好きです。 ――舐め犬って、セフレとは違うんですか? 澤村:違うんです、舐めるだけなんです、ウフフ。 なので、「舐め犬」なんです(笑)。 ――そういう舐め犬さんとは、どこでお知り合いになったんですか? 澤村:確か何かの飲み会かご飯会で居合わせたとき性癖の話になって、「舐められるのが好き」って言ったら「舐めるのが好き。むしろ舐めるだけでいい」っていう感じだったので、「あ、それ最高ですね。私も舐められるだけで」って笑いながら話したのがきっかけでした。 ――たまたま同席した人が舐め犬だったってことですか(笑)? 澤村:そうですそうです。で、その人から「お互いそうだったら、一回試してみませんか」という打診をされて…。私、その頃よく掲示板を見ていたんですよ。「舐め犬掲示板」っていうのがあって、舐め犬が相手を募集する出会い系みたいなものですね。「どういうふうに舐めます」みたいなことが書いてあって。 ――本当にクンニ好きなんですね(笑)。 澤村:そうなんですそうなんです(笑)。でも、そこで知り合った人と実際に会うのは怖かったんで、その舐め犬さんなら多少身元も知れてるし、いいかもと思って、「じゃあ」っていう、ウフフ。そこからです。 ――舐め犬さんはお一人だけだったんですか。 澤村:そうです、一人だけです。 ――その方もお店のお客さんで? 澤村:もともとはお客さんだったんですけど、今は転勤してしまったので…。会えなくなってから、「そういえばここのこと教えてもらったな」と思い出したっていうところです、はい。 ――舐め犬がいなくなって、寂しくなっちゃって、その隙間を…。 澤村:そうなんです(笑)。 ――じゃあ、風俗を始めたのもその舐め犬さんとの出会いがあったからということですね。

【コロナ禍の風俗嬢】騎乗位脱衣が得意なYouTuberで元経営者の清楚美女 ~SPオンラインインタビュー前編~

 新型コロナウイルスに対する防疫が叫ばれ、風俗店も休業自粛要請の対象に指定された。そんな中、休業要請期間中を「完全休業」とし、社員には給料を、キャストにも一定程度の補償を行なっているデリヘルがあった。そのお店のNo.1の女のコとのZoomインタビューが可能となったのお届けしたい。

身長140センチ娘の体液を味わい尽くす! 禁断のロリプレイに脳内でイキっぱなし!!

 今回筆者が訪れているのは、新大久保のデリヘル『ウルトラドリーム』。昨年の12月にオープンしたばかりの新店だが、多くのロリータ好きユーザーに支持されている人気店なのだ。

身長140センチのロリっ娘デリヘル嬢! 武器は綺麗なDカップ&得意技はフェラチオ!

 今回筆者が訪れたのは、昨年末に開店した新大久保のデリヘル『ウルトラドリーム』。このお店のコンセプトはかなりトンがっている。それは、小さな女の子とイメクラプレイを楽しむというもの。

サブコンテンツ

このページの先頭へ