「吉原」の記事一覧

吉原の老舗ソープで美女と釜風呂に入って大豪遊【俺のフーゾク放浪記・東京編】

 すっかり夏の暑さも消えて、気軽に外出できるようになりました。食欲の秋、性欲の秋はみんなでフーゾクに行くに限ります。今回は、吉原のソープの魅力をご紹介します。

吉原の激安ソープでベテラン泡姫の巧みな性技に大昇天【俺のフーゾク放浪記・東京編】

 夏も終わり、もう秋ですね。寒くなりすぎる前にフーゾクへ行って身も心も温めましょう。今回は、東京・吉原のソープの魅力をご紹介します。

人類初の泡踊りは川崎のトルコ風呂から ~ニッポンの風俗史・戦後編#8~

 2020年8月、本来であれば今頃は、国を挙げて東京オリンピック、パラリンピックの熱にうなされているはずだった。遡れば56年前の昭和39年(1964)にも、同じ東京で熱狂が渦巻いていたのである。

吉原、激変! 生き残りをかける日本一の泡街

コロナ禍で吉原が急変している。今年当初は135軒あったソープランドが、新型コロナウイルスの影響により、現在は126軒にまで急減。『なにわ』『グランプリ』『ダイヤモンドクラブ』『英國屋』など、名だたる老舗が続々と店を閉めている。

風俗業界でサバ読みといえば『吉原年齢』 時代も変わり廃止した店も…

※イメージ画像:Thinkstockより  風俗店で提示されている女性の年齢が、本当でないことが多いのは周知の事実。つまりサバを読んでいるわけだが、この「サバを読む」の語源は諸説ある。  もっとも有名で定説となっているのは、魚の鯖だ。ご存じのように、鯖は腐りやすいために、業者が…

店名は昔と一緒なのに中身は別物? 今、吉原で何が起こっているのか

※イメージ画像:Thinkstockより  吉原には行きつけのソープランドがいくつかあるが、先日、そのうちのひとつ『S」という熟女専門ソープに行った。  ところが、店に入ると、いつもと何かが違うと感じた。  まず、受け付けスタッフに見せられた女性の写真が多かった。二か月前に訪れ…

日本最大のソープランド街・吉原に「福原化してきた」の声

※イメージ画像:Thinkstockより  日本各地に数多くの風俗街があるが、その代表格といえば、やはり東京都台東区千束四丁目にある日本最大のソープランド街・吉原だ。  約150の店が軒を連ねるが、全盛期の1980年代後半から1990年代初頭、つまりバブルの頃には250軒のソー…

「ノースキンは亡国病」女帝が見続けた吉原の変遷を読む『吉原まんだら』

<p> 吉原といえば江戸時代からの歴史が続く性風俗の街。明治維新から150年の時間がたっても、いまだに日本一のソープ街として独特の輝きを放っている場所だ。</p>

<p> そんな、吉原には「女帝」と呼ばれる女がいる。<br />
</p>

サブコンテンツ

このページの先頭へ