「松本雷太」の記事一覧

京都から始まったニュー風俗の時代 ~ニッポンの風俗史#10~

 随分と涼しくなった9月の週初め、錦糸町まで行ったついでに気になっていたホテヘルの新店に寄ってみた。受付があるのは錦糸町のホテヘル界隈では有名なあのビルだ。

【風俗23区】文京区~北区の今:意外とある? 意外に少ない? 隣り合わせた区のナゾ

いま、東京のあの区、あの街、あの駅周辺には、どんな風俗があるのか、はたまたなくなってしまったのか…。それを探索するコーナー。今回は文京区と北区を探索してみた。

銀座のホステスがトルコ風呂に ~ニッポンの風俗史・戦後編#9~

 風俗の歴史は、社会や文化の歴史と常に並走している。太平洋戦争に敗け進駐軍がやって来ると、外国人兵士を相手にするための慰安所やパンパンたちが現れた。朝鮮戦争が勃発すれば、その戦場に出て行く兵士や帰って来る兵士たちを慰労するためのダンスホールやカフェーが賑わった。

人類初の泡踊りは川崎のトルコ風呂から ~ニッポンの風俗史・戦後編#8~

 2020年8月、本来であれば今頃は、国を挙げて東京オリンピック、パラリンピックの熱にうなされているはずだった。遡れば56年前の昭和39年(1964)にも、同じ東京で熱狂が渦巻いていたのである。

堀之内・泡姫インタビュー! おとなの性教育をするセラピストソープ嬢:後編

 借金返済目的で飛び込んだソープランドの仕事。最初は闇の多い裏稼業と思っていたけど、すぐに気づいたのは人間味あふれる楽しい職業ということ。それから20年、ソープひと筋で働く藤森美樹さんの前に広がった新しい世界とは?

売春防止法で生まれた新風俗 ~ニッポンの風俗史・戦後#7~

 先日、久しぶりに面白い裏風俗を見つけて遊びに行ってきた。大人のパーティーである。詳細は別記事(※)を読んでいただくとして、10年以上も前に絶滅したと思われていたオトパが復活した理由は、なんと、コロナウイルスの影響で宴会の仕事がなくなった温泉コンパニオンを食べさせてあげるためだった。

堀之内・泡姫インタビュー! おとなの性教育をするセラピストソープ嬢

キャミソールに胸が開いたチュニックを羽織り、スキニーパンツ姿でスタイルも良く、なかなかにセクシーなファッションの藤森美樹さん。笑顔にも可愛らしさが溢れる美樹さんは、ソープ歴20年になるベテランだ。経験豊富なだけに、どんな話が飛び出すか興味津々でインタビューを始めた。

大人のパーティー復活のイマドキな理由 ~ニッポンの裏風俗~

先日、いつものようにネットで裏風俗の情報を探していた時、もはや日本からは絶滅したと思われた裏風俗を見つけてしまった。「大人のパーティー」だ。大人のパーティーはかつて、三行広告の風俗広告でよく見かけた裏風俗。「ビデオ鑑賞会」などと称し、マンションの一室に男女が集まり、テーブルを囲んでビールなどを飲みながら、男性が女性を選んで別室で一発遊びをするという大人な空間だ。

うしじまいい肉コラボ展示会レポート! 公式モデルの美巨乳レイヤー「美東澪」も参戦

 梅雨まだ明けきらぬ生ぬるい雨の降る7月25、26日の2日間、うしじまいい肉プロデュースのファッションブランド「ぷれでたーらっと」の展示会が開催された。

国民的トルコ風呂の時代 ~ニッポンの風俗史・戦後#6~

 昭和31年に「売春防止法」が交付された頃、すでに人気の娯楽となっていたトルコ風呂に関して「都内のトルコ風呂では売春が行われている」という噂が立ち始めていた。そしてその噂は、その後のニッポンの風俗を大きく変える「予告」となった。

サブコンテンツ

このページの先頭へ