「神楽坂文人」の記事一覧

美人女子大生はエロ好奇心モリモリ! デビュー作で生中出しに挑戦した本郷まや【新人AV女優インタビュー】

現役JDが生中出しAVデビュー  人生は一度きり。誰もが悔いのないように生きたいと願っている――。とあるマジメな女子大生も衝動を抑えきれなかったようで、就職前のモラトリアムにAVデビューを決意したという。それは、1月19

がん闘病中のAV男優・沢木和也インタビュー「すべては息子のために」

がん闘病中のAV男優・沢木和也  男優人生33年――。ある世代の男性なら誰でも知っている男が病を告白した。ステージ4のがんだという。  男は90年代前半に「ナンパ」という日常の延長線上にある、男女の駆け引きを上手くAVに

大槻ひびき本人おすすめアダルトVR! トップ女優が語るVRの難しさと可能性【AV女優インタビュー】

今なお輝きを増すAVスター・大槻ひびき  デビュー以降、トップ女優として活躍して世の男性をメロメロにし続けるAVスターの「ひびやん」こと大槻ひびきちゃん。天性の美貌に加えて何事にも努力を惜しまないストイックさを備える彼女は、今なお輝きを増す。  昨今、日に日に注目度を高めるアダルトVRでも「ひびやん」の存在感は抜群。ということで、アダルトVRの黎明期から最前線でカラダを張ってきた彼女を直撃し、おすすめVR作品などについて聞いてきた!   大槻ひびき本人おすすめアダルトVR 『《3D-VR》隣の部屋がAVスタジオだったらVR』(SOD VR) 『《3D-VR》綺麗なお姉さんのスケベなカラダとWバイノーラル淫語でイカされたい 晶エリー 大槻ひびき』(TMA)   大槻ひびきアダルトVRインタビュー ――まずはデビュー12周年おめでとうございます! 大槻ひびき(以下、大槻):ありがとうございます。みなさまのお陰です。 ――長年活躍してきたわけですが、アダルトVRは2016年から出演されているようですね。VRが出始めた当初はどういうイメージでしたか? 大槻:VRが出たときは「未知」って感じですね(笑)。360度映ることが想像つかなくて、自分でVRを観て体感したんです。「こんなリアルに近く感じるんだ」って確認しながら撮影したので、最初は慎重でしたし、難しかったし、失敗もいっぱいしました。 ――当時はどういう苦労がありましたか? 大槻:2016年当時はカメラによって距離感が違ったんです。カメラもクレーンで支えられているくらい大きくて、精密機械もいっぱい付いていて、スタッフのみなさんがすごく慎重に扱っていました。セッティングだけで3時間とか。 ――それは貴重な体験ですね。 大槻:ずっと撮影しているとカメラも熱くなって大変でした。それから、カメラによって映る範囲が決まっていたので、毎回、打ち合わせのときにどれくらいの画角なのか確認していました。 ――かなり難しい撮影だったんですか? 大槻:そうなんです。キスの位置とかも、近づきすぎると私の顔がぼやけるし、下すぎると観ている人がノドにキスをされている感覚になるみたいで、いろいろ気を付けて撮影していました。 ――いまはVRカメラも進化してきていますか? 大槻:機械のタイプもだいたい同じになってきて私も慣れてきましたね。 ――VRと普通の2D(DVDなど)では演技の違いはありますか? 大槻:普通のDVDだと男優さんと一緒に共同作業っていう感じですけど、VRは男優さんがあまり動けないし、カメラの奥にいるのでコミュニケーションが難しいんです。でも、やっぱり勃たせないといけないので、お手伝いを心がけています♪ 撮影前の打ち合わせ時点から、男優さんとコミュニケーションを取ってうまくやっています。 ――大槻さんは、自分からリードする撮影もうまそうですよね? 大槻:そうですか? どうだろう(笑)。ただ、VRは女優さんの力が試されると思います。スタッフさんはいるんですけど、合図やカンペを気にしすぎると目が泳いじゃうので、あまり頼らないようにしています。いっぱいやることが詰まっているとけっこう大変なんです(笑)。 ――大槻さんのVR作品はかなり好評ですが、やはりそこに女優の力があったわけですね。そんな大槻さんのVR作品がPICMO VRさんでは見放題配信中だとか。 大槻:そうなんですよ。 ――しかも、波多野結衣ちゃんとの最強コンビの作品もあるそうで。 大槻:うんうん! 『《3D-VR》隣の部屋がAVスタジオだったらVR』ですね。これはかなりおすすめなので、ぜひチェックしてほしいです。 ――読者に内容を教えてもらえますか? 大槻:マンションの一室がAVスタジオっていう設定で、視聴者さんが撮影部屋の隣に住んでいるっていう話になっています。それで、出演者の私と波多野の控室がないので、「あなたの部屋を控室にさせてください」って、部屋に乗り込んでいくんです。 ――強引な話ですね(笑)。 大槻:AVなんで(笑)。それで、波多野が撮影している間、控室にいる私がムラムラしてきちゃって部屋主さんとイチャイチャしちゃうんです。ちょっとバラエティ要素もありますけど、エッチなシーンではもちろんいっぱいヌイてほしいですね。 ――波多野さんと大槻さんはホントに仲がいいですよね。バラエティ要素っていうのは、ふたりの掛け合いがあるとか? 大槻:ちょっと面白くやっちゃっています(笑)。 ――ソフト・オン・デマンドらしいエロと笑いの融合という感じで、ファンタジーに溢れたいい作品ですね。 大槻:そうなんです。これは私と波多野のファンの方には絶対に観てほしい作品になっています! ――ファンのみならず必見ですよ。 ――では、続いてのおすすめを教えてください。 大槻:そうですね。晶エリーちゃんと共演した『《3D-VR》綺麗なお姉さんのスケベなカラダとWバイノーラル淫語でイカされたい 晶エリー 大槻ひびき』をおすすめしたいです。晶エリーちゃんはレジェンドなので、実はちょっと緊張しました。大人数での共演はあったんですけど、2人きりは初めてで。  この作品はASMRに特化しているので、音に気を付けながら撮影したんです。お腹の音やノドが鳴る音も入っちゃうので、“お腹ぐるぐる”は本当に気を付けました(笑)。お腹がすいてるとすぐ鳴っちゃうタイプなので(笑)。  あとは急に大きな声を出さないようにとか。視聴者さんはイヤホンで聴くことが多いと思うので、びっくりさせないように気を付けました。息遣いも慎重になりましたけど、その分、ゆっくりエッチに囁きました。 ――この作品は淫語もすごいじゃないですか。淫語といえば大槻さんが得意とするところなので、ぜひ、耳を澄ませて聴きたいです。 大槻:「ゾクゾクする?」とか「熱くなっているよ」とか「私たちも興奮してるの」とか、ゆっくりと誘惑しながら囁いています。ただ、晶エリーちゃんと囁くタイミングがかぶるといけないので、阿吽の呼吸で囁きました。2人きりでは初共演でしたけど、息がぴったりでやりやすかったです。やっぱりエリーちゃんはすごいです! ――普通のDVDだと淫語も大げさに言ったりしますが、ASMRだとウィスパーボイスですね。 大槻:ぜひヘッドホンやイヤホンで聴いてほしいです。ステレオで右と左で味わえますから。舐め音とか吐息とか、いろんな音が楽しめます。 ――フェラチオの音もバッチリですか? 大槻:もちろん♪ ――こちらも楽しみな作品ですね。では、最初に紹介してもらった『《3D-VR》隣の部屋がAVスタジオだったらVR』のヌキどころを教えていただけますか? 大槻:個人的に観てほしいのは波多野が隣の部屋でAV撮影をしているときに、その喘ぎ声を聞きながら、私がこっそり住人とエッチをしちゃうシーンです。私はこっそりエッチしちゃうのでドキドキハラハラ感が味わえると思います。たまに波多野の喘ぎ声が聞こえるのもポイントですね♪ ――不思議な3Pという感じですね! では、『《3D-VR》綺麗なお姉さんのスケベなカラダとWバイノーラル淫語でイカされたい 晶エリー 大槻ひびき』のヌキどころも教えてください。 大槻:エッチなシーンはいろいろあるんですけど、2人が耳元でただ囁くシーンがいちばんエロい気がします。言葉だけで感じられるのがASMRならではなので、ぜひじっくり堪能してほしいです。 ――VRでも美女のコンビネーションを堪能できるなんて最高ですね。今後、VRでやりたいシチュエーションなどはありますか? 大槻:叶うか分からないですけど、「鬼ごっこ」をやってみたいです。 ――それは大槻さんが鬼という設定ですか? 大槻:追いかけたいし追いかけられたい(笑)。途中にパンチラシーンがあったり、鬼から逃げて隠れたりとか、エロだけじゃないフェチな映像ができるんじゃないかなって。 ――VRにはいろんな可能性がありますもんね。 大槻:いろいろやってみたいです。 ――では、最後にPICMO VRでVRを楽しんでくれるユーザーやメンズサイゾーの読者にメッセージをお願いします。 大槻:いつもVR作品を観てくださってありがとうございます。私のVRはフェチ作品や責める作品や襲われる作品などいろんなジャンルがありますので、ぜひ、あなたが求めている作品をPICMO VRで探して観てください。これからもいっぱい観てほしいです。ありがとうございました! (写真・インタビュー=神楽坂文人・公式Twitterはコチラ)   大槻ひびき本人おすすめアダルトVRはVR動画サービス『PICMO VR』で見放題配信中! 『《3D-VR》隣の部屋がAVスタジオだったらVR』(SOD VR) 『《3D-VR》綺麗なお姉さんのスケベなカラダとWバイノーラル淫語でイカされたい 晶エリー 大槻ひびき』(TMA)   大槻ひびき・プロフィール 生年月日:1988年2月21日 出身地:北海道 血液型:A型 身長:158cm スリーサイズ:B:88(D) W:57 H:85 趣味:買い物、お菓子作り ブログ:大槻ひびき公式ブログ Twitter:@hibiki0221

新人AV女優・川北メイサ本人監修プロフィールインタビュー! AVデビューのきっかけ、プライベートのセックスは?

 長野の田舎からやってきた、経験人数1人の純真無垢な美少女、川北メイサがAVデビュー! Eカップの美乳と小顔のベビーフェイスがギャップ感を出し、未開発の肉体が今後どのように“性長”していくのか楽しみな逸材だ。インタビュー

阿部乃みく、引退インタビュー! キカタン女優はミリオン専属でラストラン

超ユーティリティ女優・阿部乃みく、引退決意  2013年にデビューし、ユニークな芸名と怒涛のAV出演で話題を呼び、あっという間に人気女優の仲間入りを果たした阿部乃みく。2015年にアイドルユニット「マシュマロ3d+」のメ

セクシー女優の超本格派ライブイベント『LADY MADONNA』激撮レポート

LADY MADONNA-拡大版-I saw her standing there ~その時ハートは盗まれた~【潜入リポート】  11月27日、クラブチッタ川崎で「LADY MADONNA-拡大版-I saw her standing there~その時ハートは盗まれた~」が開催された。    同ライブはMCを含め19人、2組のセクシー女優とシンガーが出演した史上空前のライブイベント。今年もMCは古川いおりちゃんと、アキバ系MC芸人で確実な進行に定評のあるシャバダバふじさんが担当した。  オープニングを飾るのはあおいれなちゃん、七海ななちゃん、枢木あおいちゃん、大和姫呂未さん、白石茉莉奈さん、神咲詩織ちゃん、栄川乃亜ちゃん、乙アリスちゃん、白木優子さんで、90年代にヒットしたJ-POPカバーを全員でハモりをきかせながら歌いスタートしファンを魅了した。  そして、ライブのオーガナイザーを務める大和姫呂未さんが「来てくださってありがとうございます。制約があるけど、ペンライトや手拍子で盛り上がるところは盛り上がり、しっとりとするとことはしっとりとして盛り上がりましょう!」と挨拶し、本格的にライブが始まった。    トップバッターを飾ったのは夢乃美咲ちゃん。暴走族ばりの特攻服で登場しバンドブーム時代のヒットソングを歌い絶叫! 「しょっぱなから、うるさくしてすいません」とコメントしたが、ライブの勢いをつけるのにはピッタリの人選だった。    東條なつちゃんはライブイベントには初出演。女性シンガーのJ-POP曲を切なく歌った。曲後「心臓がドキドキしているけど楽しかったです」とかわいらしいコメントを残した。    昨年デビューしたばかりの谷花紗耶ちゃんも初登場。もはやプロのミュージカル女優と言っても過言ではない圧倒的な歌唱力を聴かせてくれた! これにはMCの古川いおりちゃんも「発声が違う!」と驚きを隠せなかった。    青空ひかりちゃんはかわいらしい雰囲気と打って変わってロックを選曲。熱いステージを見せた。    お祭り女の亜矢みつきちゃんは温泉宿の浴衣姿で登場し会場を沸かせ、同ライブ初となる演歌を披露した。懐かしい選曲に聴いているオジサン世代は内心二ヤりとしたことだろう。    元気娘の岬あずさちゃんも初登場。突拍子もないことをするかと思ったのだが、曲はアニメソングを歌いセクシーポーズもバッチリと決めて大成功に。    その亜矢みつきちゃんと岬あずさちゃんが豊中アリスちゃんと結成したユニット「あわびスプラッシュ~in the sky~」が登場するとにぎやかなステージとなった。これまで自腹でレッスン、衣装、DVD制作と同ライブに向けて様々な活動をしてきた3人は、オリジナル曲の『ALCOHOL』を披露しファンを沸かせたのだった!    SODStarで大活躍の本庄鈴ちゃんは意外にもライブイベントは初出演とのこと。浴衣姿で夏の定番ソングを歌い、聴く者のノスタルジーを喚起させた。コメントでは「めちゃくちゃ緊張したけど、めちゃくちゃ楽しかった」と笑顔を見せた。    同ライブの中心メンバーでシンガーの大和姫呂未さんと七海ななさんが、セクシー女優の白石茉莉奈さんと結成したトリオ「RWM」が中締めで登場。さすが実力派だけに素晴らしい歌唱とパフォーマンスでファンを魅了した。    後半は同ライブの常連である加藤ももかちゃんが登場。出演するたびにかわいいコスプレ姿にも注目が集まるが、今回はセクシーな悪魔コスプレをチョイスした。曲は80年代の実力派アイドルの代表曲をカバーし低音の魅力を発揮した。    人気熟女女優の白木優子さんはCDも出した『元禄花見踊り』を歌いアダルティな雰囲気を漂わせた。    アイドル顔負けのルックスながら下ネタソングを歌うあおいれなちゃんは新曲『毎日が危険日』を初披露。「衣装も初披露です。久々にみんなの前で下ネタを歌えるのは気持ちいい」と爽やかな笑顔でコメントしてくれた。    水嶋から乙に改名した乙アリスちゃんは普段、セクシーアイドルグループのマシュマロ3d+のメンバーとして活躍しているが、ソロ活動も精力的に行っているのだ。自身が推すアイドルの曲を熱唱し喝さいを浴びた。    シンガーの七海ななちゃんはオリジナル曲の『Congratulations』を披露。毎回、力強いボーカルでファンを圧倒した。    栄川乃亜ちゃんはオリジナル曲の『Kazamidori』をかわいいフリフリの衣装でパフォーマンスした。小さな体でステージ狭しと駆け回り、サイリウムが多数振られた。    超実力派ボイスの枢木あおいちゃんはオリジナル曲の『テサグリロンド』で聴衆のハートをわしづかみした。曲後は「出し切って声が枯れたけど、気持ちよかった」と爽やかな表情でコメントした。    音楽の申し子である神咲詩織ちゃんは深紅のドレス姿で登場。オリジナル曲でセクシー女優に捧げた曲『闇夜のきらり達』を歌った。ステージ袖で聴いていた古川いおりちゃんは「この曲を聴くと、毎回泣く」と感動していた。    同ライブのオーガナイザーを務める大和姫呂未さんはUSENランキング1位に輝いたオリジナル曲の『Gのうた』を披露。手作りのG叩きを手にして軽快なパフォーマンスを見せてくれた。    そして、レディマドンナライブのトリを務める白石茉莉奈さんが登場。今回は初披露となるK-POPをダンスとともに熱唱した。激しいダンスにもかかわらず、全く息も上がらずトリの大役を見事に務めた。  18人、2組の素晴らしいパフォーマンスも終わり、最後はレディマドンナ恒例のカバー曲を全員で歌い、今年も楽しく華やかな雰囲気でライブイベントは終了した。    今回はコロナ禍の影響で客席はオール着席で声援が送れない制約があったが、出演者もファンもコロナに負けるかという意思が感じられ、例年以上に盛り上がった。  最後は大和姫呂未さんが「また来年も開催できるように頑張ります!」と力強く宣言し、早くも来年3月18日のライブ開催が発表された。  セクシー女優のライブ活動は年々、盛んになっており、もちろん実力も十分に備わっているので、ライブイベントの開催は来年も期待したいものだ。 【恒例の撮影タイム】 (写真・取材=神楽坂文人/公式Twitterはコチラ)

おっぱい丸出しライブ配信を激写リポート【8181live】

ライブ配信サービス「8181live」現場リポート  AV配信サイトのXCITYが運営するライブ配信サイト「8181live」(通称:パイパイライブ)は、「BANなんか気にせずライブ配信がした~い!」と、エロ業界人が企画

放置バイブ&超肉感オナホール×佐倉絆&織田真子インタビュー【公開収録イベントリポート】

去る11月18日、我がメンズサイゾー編集部は、東京・新宿にあるネイキッドロフトでアダルトグッズメーカーのA-ONEのご協力のもと、「アダルトグッズ×AV女優インタビュー公開収録イベント」を行った。

【新人AV女優インタビュー:沙月恵奈】私的エロ秘話大告白/デビューのきっかけ・初エッチ・初オナニー・性感帯…

新人AV女優・沙月恵奈/本人監修完全プロフィールインタビュー 「見られることが大好き!」と公言し、9月にFALENOstarから華々しくデビューした現役女子大生の沙月恵奈ちゃん。人懐っこい笑顔と明るいキャラクターで和ませる癒し系だが、エッチになると色白のピッチピチボディを紅潮させてイキまくり、デビュー作から潮吹きまで経験…と超敏感な肉体を持っている逸材だ。そんな初々しい沙月恵奈ちゃんを直撃! デビュー作からプライベート秘話まで根掘り葉掘り聞いてきた! 【沙月恵奈 Ena Satsuki】 生年月日:1999年6月11日 身長:152センチ カップ数:Eカップ スリーサイズ:B85・W58・H86 趣味・特技:アニメ、漫画、ゲーム/どこでも寝られること 出身地:千葉県 公式Twitte:@satsukiena 公式インスタグラム:@satsukiena 公式ブログ:沙月恵奈オフィシャルブログ 所属事務所:LINX(@LINX__official) 沙月恵奈デビュー作『新人 めっちゃ人懐っこいフレッシュ女子大生 AVDEBUT 沙月恵奈』(FALENO) 初体験は20歳という初々しさあふれる恵奈ちゃん。乳首も乳輪もピンクのEカップおっぱいをお披露目すると恥ずかしそうに顔を赤らめ、オマ〇コとアナルを観察されるとクリトリスをひくつかせて愛液を漏らしまくる! 初めての潮吹きに驚き、激しいピストンに全身痙攣するとても敏感な21歳だ。   沙月恵奈インタビュー ――デビュー前にAVは観ていましたか? 沙月恵奈(以下、沙月):エステ系を観ていました。 ――女性はエステ系のAVが好きですよね。 沙月:ははは(笑)。あれはいいですね(笑)。 ――エステ系は女性がやられる方とやっちゃう方があるんですけど、どちらを観ていましたか? 沙月:やられる方を観ていました。 ――素人時代に観ていたAVデビューを9月に果たしましたが、デビュー作で初めてやったプレイはありますか? 沙月:潮を吹いたのと、おしっこを漏らしました。あはは(笑)。おしっこは“ジャジャジャー”って感じでしたけど、潮は出ているのに気が付かなかったです。 ――明るく語りますねえ。では、デビュー作を簡単に振り返りますか。人前でセックスすることなんてないじゃないですか。初めて人前でやってどうでしたか? 沙月:めっちゃ緊張したのと、撮影現場にあんなに人がいるなんて思わなかったです。 ――何人くらいいると思っていました? 沙月:5、6人くらいいるかなって思っていたんですけど、15、6人いました。 ――最近、人数が多いって、よく聞くんですけど、絶対に覗いている人がいるんじゃないかって思っているんですよ(笑)。 沙月:あはは(笑)。ジ~って。 ――そう、そう。まあ、冗談ですけど(笑)。15、6人もいる前で上手く撮影できましたか? 沙月:自分では上手くいったと思うんですけど、デビュー作を観たら思ったよりも上手くいってなかったです。 ――どういう点がですか? 沙月:ぎこちなさがありました。 ――そのぎこちなさはいいですよ。いきなりノリノリのデビュー作だとユーザーが引いちゃいますから(笑)。デビュー作のプレイ内容を紹介してください。 沙月:全部1対1のプレイとオモチャ責めです。バイブを初めて使いました。 ――オモチャはプライベートでも使っていましたか? 沙月:ウーマナイザーは使っていました。 ――プライベートの方が過激なオモチャを使っていますね(笑)。 沙月:ウーマナイザーは女の子はめちゃめちゃ好きですから。 ――初めてバイブを入れられてどうでしたか? 沙月:人間とは違った動きをするし、普段はあたらないところにあたるのでよかったです。あとはデンマも使いました。デンマはプライベートでも使っていたんですけど、ウーマナイザーが気持ちよすぎて、ウーマナイザーばかりになりました(笑)。 ――ということはクリトリス派ですか? 沙月:そうです。 ――他にデビュー作での驚きはありましたか? 沙月:顔射は初めてでした。精子の匂いを感じました。イカくさ~い(笑)。 ――すいません、精子が臭くて。神様は精子をいい匂いにするべきでしたね(笑)。 沙月:あはは(笑)。確かに。   ――いろんな初経験をしたデビュー作の全体的な感想はありますか? 沙月:これからプレイが上手くなれたらいいなと思いました。 ――そこから上手くなった2作目は昇天作品の『スローピストンからのマッハピストン!!!終われない初イキ3本番! 沙月恵奈』ですが、プライベートではイクことがありましたか? 沙月:人によりました。テクニックもあるんですけど、プラス相性です。プライベートでは中イキはなかったですけど、男優さんのオチ〇チンは気持ちよかったです? なんでですかね? ――私、男優さんに入れられたことがないので(笑)。それは大きさや硬さといった物理的なものですか? 沙月:どうなんだろう? そういうこともあるんですかね? ――また、聞かれちゃった。今度、男優さんとやってみますね(笑)。どういうオチ〇チンが好きですか? 沙月:細長いオチ〇チンが好きです。 ――珍しいですね。細長いのは痛がる女優さんが多いんです。 沙月:確かに、たまに聞きます。私は奥が好きなんです。 ――突き刺さる感じがいいんですか? 沙月:うん、うん。   ――2作目は3Pがありましたが、生まれて初めてですか? 沙月:初めてです。 ――どうでしたか? 沙月:忙しかったです(笑)。 ――快感はあるけど、対応に困る感じもありましたか? 沙月:そうですね。最初、どこから手を付けていいのか分からなかったです。 ――気持ちよさは倍増でしたか? 沙月:一度に2本のオ〇ンチンを味わえるので楽しかったです(笑)。 ――AVっぽい体位もやりましたか? 沙月:やりました。2人いるから同時にいろんなところを責めてくれて気持ちよかったです。 ――自分の手を含めれば6本で触れますから千手観音様もビックリですよ。 沙月:あはは(笑)。そりゃ気持ちいいわけだ(笑)。あと、ヌルヌルローションは初体験で気持ちよかったです。 ――あれもなかなか自宅ではできないですからね。 沙月:汚れちゃいますからね(笑)。 ――そういう特殊なプレイは好きですか? 沙月:AVに出たならではでの体験ができて嬉しいです。 ――2作目は初イキがテーマでしたが、何回くらいイキましたか? 沙月:何回だろう? 数えきれないです。 ――おっぱいでもイケますか? 沙月:おっぱいはまだ未開発です。これから開発されたいです。 ――今後、期待しますね! 『スローピストンからのマッハピストン!!!終われない初イキ3本番! 沙月恵奈』(FALENO)   ――では、11月に配信される3本目の『頭から足の先まで全身リップするスーパーご奉仕メイド 沙月恵奈』の話題に移りますが、これはメイドさんが舐める系の作品ですね。これまでフェラチオは誉められてきましたか? 沙月:誉められましたけど、お世辞なんですかね? ――舐められているのに、けなしはしないですよ。 沙月:あはは(笑)。確かに。でも誉められた方だと思います。初めてのときはテクニックもなかったので、指示通りに舐めていました。「ここをこういうふうに舐めて」とか。 ――そういうイケない元カレがいたんですね。具体的にどう指示されましたか? 沙月:まずはタマから舐めて、竿にいって、先っぽをベロベロしてみたいな。 ――最初からイカせることができましたか? 沙月:はい。元カレのいちばん気持ちいいところを指示通りに舐めたので。 ――相当、喜んだんじゃないですか? 沙月:多分、喜んだのかな。 ――初フェラはどう感じましたか? 沙月:大きくなったのを見たのは初めてだったので、「グロいなあ」って思いました(笑)。しぼんでいるときはかわいかったけど、大きくなったらドクドクしているって。 ――ドクドクするほど元気でしたか! 3作目はフェラチオはもちろん、全身リップで奉仕していますが舐める行為はどうでしたか? 沙月:坊主頭をベロベロしたりして楽しかったです。あはは(笑)。メイドだから全身をお掃除するんです。 ――そんなメイドさんがいたら最高ですね。 沙月:汚れた体をお掃除します。アナルも舐めました。 ――アナル舐めはどうでしたか?

『女だらけのセクソロジー』最強の個性派美女集結! 濃厚なメス臭漂うレズビアンショーも【三代目・葵マリー、神納花、真咲南朋、岬あずさ】

アダルト界の様々な現場で活躍する実力派かつ個性派メンバーが勢ぞろいした奇跡のイベント「女だらけのセクソロジー ~花びらベロビラ討論会vol.1」が11月14日、東京、新宿歌舞伎町にあるロフトプラスワンで行われた。

サブコンテンツ

このページの先頭へ